「ヴィクトリアズ・シークレット」ファッションショー11の秘密! あなたはいくつ知っていた?


毎年年末に開催される、「ヴィクトリアズ・シークレット」ファッションショーの秘密、11個をCosmopolitanがレポートしている。

ヒールが絶対

本番でどの靴を履くか決まると、フィッティングからリハーサルまで、ずっとその靴を履きっぱなし。靴をなじませるため、そして何より転ばないための対策が大事。

 

衣装によっては、ヌードカラーのインナー着用

過剰な露出を防ぐため、ポロリ対策に肌と近い色のソングを仕込んでいる。

🦋…this. just. happened. 🦋🤞🏼 (…SHE SMILES!!!!😝)

A post shared by 🦋 (@bellahadid) on

 

パットで盛ってもオーケー

胸を“盛る”ことは、強制ではない。あくまでも、「モデル本人の希望に沿って」ということだそう。

 

必殺アイテム“両面テープ”

生のショーにおいて、“ズレ”は大敵。スタイリストの必須アイテムが、この両面テープ。

 

ビリッ⇒チクチク

バックステージでの早替えの仕組みはこう。引き裂いた衣装を、その場で縫い付けていく荒業で、華やかなショーは成り立っている。

 

スタッフ総数…

ショー開始数時間前から、モデルはメイクブースに着席。彼女たちを仕上げるのは、32人のメイクアップアーティストと、27人のヘアスタイリスト、そして11人のネイリストたち。50人以上のモデルを美しくするため、かなりの大所帯なのだ。

Glam time with my girl 💕

A post shared by Jasmine Tookes (@jastookes) on

 

多様性が深化

昨年末のショーに出演した55人のモデルたちは、20の異なる国出身。外見に関しても、たとえば坊主頭のグレイス・ボル(スーダン)から、赤毛のアレクシナ・グラハム(イギリス)、黒髪ロングのリウ・ウェン(中国)と、バラエティ豊かだ。

 

「手が込んでない感じがイイ」

2017年のショーのテーマは、「リラックス&セクシー」というのが、ヘアスタイリストを束ねるアンソニー・ターナーの言葉。「髪はボリュームを持たせて、セクシーにばらけさせて。手が込んでない感じに」

 

美肌を作るのは…

日焼けスプレーはナシ。そのかわり、自社のフレグランスローションを、ランウェイへ出る直前に塗布。ベストな美肌で観客の前へ。

 

モデルの着替えは“立っているだけ”

着付けチームがやってきて、脱がすところから新しい衣装を着せるところまで、全部やってくれる。そもそも自分ひとりで着脱できる仕様ではない衣装ばかりなのだ。

 

ワークアウト!ワークアウト!!!

出演モデルたちの多数が、ショー直前には1日に二度のワークアウトを行っている。これには同メディアも、「何にも言えない。もし私が半裸でテレビに出ることになれば、同じことをするわ」