プラスサイズモデルが、「ヴィクトリアズ・シークレット」の広告をパロディ化! 「私だって下着を売れるわよ!」


@tabriamajors / Instagram

プラスサイズモデルが、「ヴィクトリアズ・シークレット」の広告を、自分の身体を使ってパロディ化。彼女が訴えたかったことって?

先月、毎年恒例の「ヴィクトリアズ・シークレット」ファッションショーが開催。出演ラインナップとして事前に発表されたモデル52人のうち、プラスサイズのモデルはゼロだった。

「ヴィクトリアズ・シークレット」ファッションショー、“多様性の欠如”に厳しい声! 出演モデルの人種、体型の偏りが指摘

2017.11.22

米ニューヨーク ブルックリンを拠点に活動するプラスサイズのタブリア・メイジャーズは、この傾向に疑問を投げかけるかのように、「VS」の広告をパロディにした画像を自分で投稿。その意図を、カナダ版「Haffington Post」に「主要なメディアを含み、議論をしてほしかったから」と説明している。

「もしかしたら、今年は私がヴィクトリアズ・シークレットのエンジェルになるかも。ただしハロウィンでね。現実にはそんなことあり得ないから(笑)」と、タブリアは自身の投稿に書き添えている。「VSの中でも、私がお気に入りの写真や衣装へオマージュをささげるわ。そしてカーヴィな女の子だって、スリムなモデルたちと同じように、下着姿でキメられるんだ(そして売れるんだ)ってことを見せつけるの」

【タブリア・メイジャーズ】ボディ用加工アプリの広告に、勝手に写真を使われて「せめて金払え!」


「どうか覚えておいて、あなたはありのままで美しいし、こんなアプリ必要ないから!」