脱毛症の少女が公開した記念写真が、「世界一ゴージャス」と話題に! 頭部に花のアートを施し、「新しい私をさらけ出してみようと思ったの」


@madbab__ / Twitter

アメリカにおいて、高校での最終学年で多くの生徒が撮影する「Senior Photo」は、大きな意味を持つ。自己免疫異常から、脱毛症をわずらうマディシン・バブコックさんが公開した写真が、「世界一ゴージャス」と話題だ。

17歳のマディシンさんは、自身の体験をYahooに対して告白。「いつもは脱毛箇所があるから頭を隠しているんだけど、髪を全部剃って、これが新しい私よって頭をさらしてみようと思ったの」と、頭部に花などのアートを加えて写真を撮ったそのきっかけを明かしている。

「花を選んだのは、私にしっくりきたから」と話すマディシンさんは、自分の写真を広く公開した理由を、脱毛症や、自己免疫異常に対する認知度を上げるためと説明している。