ミランダ・カー、モデル業から遠ざかっている理由を明かす


モデルのミランダ・カーがThe Edit誌の最新号の表紙を飾り、インタビューで現在の生活について語った。

そのなかで「なぜ最近はモデルの仕事をしていないのか」と質問されると、ミランダはこう答えた。

「私は20年間、モデル業をやってきたけど、今の私にとってモデルでいることはもう優先事項ではないの。もし機会があったとしても『家族はどう思うかな?』とか『コラ(ミランダがプロデュースするコスメブランド)の仕事の邪魔にならないかな?』って考えるかな。もしこの2つを突破して、さらに撮影地がLAだったら、やるかもね。」

今年5月に結婚した夫のエヴァン・スピーゲルについては「若い人の見た目をした50歳の男性みたい」と表現していた。

さらに、元夫で愛息子フリン君の父親である俳優オーランド・ブルームとの離婚についてはこうコメント。

「正しい選択だったわ。(結婚は)お互いにとってベストなこととは言えなかったから。わだかまりはないし、私たちはいつも友達よ」

これまで、トップモデルとしてモデル界を引っ張ってきたミランダ・カー。今は彼女の意志を尊重し、そっと見守りたい。