スキニー、オールブラック、レトロ水着…もう古いのはどれ!? 有名ファッション誌が選ぶ、継続流行10個&ダサい化トレンド5個


最先端だと思っていたファッションが、いつの間にか時代遅れに!? Elle誌がこの夏のトレンドについて、10個のセーフと、5個のアウトを紹介している。

  1. セーフ:カーキとチノパン
    「実用性の高いファッションは、シーズンを超えての需要あり」
  2. セーフ:ギンガム
    「一時はある種のプレッピースタイルと結び付けられがちだった柄も、いまや一部のデザイナーのおかげでファッショナブルに」
    「ストライプや、夏らしい柄物に次ぐ位置につけつつある」
  3. セーフ:かごバッグ
    「クラシックなサマーアイテムではあるものの、ストリートファッションにもしっくりくるデザインに」
    「細かく編んだかごバッグは、この夏のおでかけに、昼夜を問わず使うべきアイテム」
  4. セーフ:レトロ水着
    「今年もレトロなタイプのビキニがたくさん出回っている」
    「ハイウエストのボトムに、バンドゥタイプのトップを合わせるのがヨシ」
  5. セーフ:カウボーイブーツ
    「実のところ、2017年の秋冬シーズン最大のトレンド。耳の早いファッショニスタは、もうすでに取り入れている」
    「生足や、ドレスとの相性も良し。つまりフェスやサマーパーティにうってつけ」
  6. セーフ:ラップドレス
    「ビーチにて、ビキニの上から着てもあり、街中ならばデニムに合わせるのも結構。着回しがかなり効く」
    「夏のワードローブに、1枚は加えておくべきアイテム」
  7. セーフ:派手目のドロップピアス/イヤリング
    「より大きく、より太くがまさにベター。大き目でカラフルなピアスは、ハッピーで楽しい気分にさせてくれる」
    「ママやおばあちゃんが使っていたような、クラシックな要素もある」
  8. セーフ:小花柄
    「この夏に復活。夏の間の結婚式や、ガーデンパーティにうってつけ。ミドル丈の小花柄ワンピースなら、夏のお出かけにぴったり」
  9. セーフ:オフショルダーシャツ
    「完璧にエレガントなエアリーアイテム。暑い夏の昼夜をやり過ごすために持っておきたい」
  10. セーフ:スリッパ靴
    「プール用、ファー付き、装飾されたもの、たくさんの種類が出ていて、見過ごすのが困難なほど」
    「ミュールからバレエフラットまで、トレンドはまだ続く」

 

  1. アウト:オールブラック
    「冬はあっという間にやってくる。カラフルなアイテムをまとう機会を逃すべきじゃない」
    「これまでのシーズンとは違い、濃い色がパステルカラーの座を奪いつつある。はっきりとしたイエローが、今期の象徴」
  2. アウト:刺しゅうアイテム
    「もはやフレッシュじゃない」
    「ピークは過ぎたと思う」
  3. アウト:ランジェリー風ファッション
    「スリップドレスは好きだけれど、よりクリーンでモダンに着たい。たとえばキレイ目なアイテムと合わせるとか」
  4. アウト:フリンジ、フランネル、グランジ
    「最高の時期は過ぎて、よりクリーンでフェミニンなスタイルへと進化している」
    「もうフリンジやグラディエーターサンダル、大きめサングラスは避けるべき。新しいBoHoはよりクールでタフ。マキシドレスにベルトを巻いたり、チャンキーなサンダルや靴を合わせたい」
  5. アウト:スキニージーンズ
    「よりワイドでストレートなデニムが、フレッシュで最新の印象」
    「とはいえスキニージーンズはいつまでもワードローブの一部を占め続けるだろう。ただ現在は、スキニーよりワイドやクロップ丈ジーンズの需要が高まっている」