アドリアナ・リマ、「ヴィクトリアズ・シークレット」卒業を否定! 「20回目のショー出演までプランのうちよ」


アドリアナ・リマ(36)の、「ヴィクトリアズ・シークレット」卒業のウワサが否定された。

このウワサの発端は、アドリアナ・リマ自身によるインスタグラムへの投稿。この中で彼女は、「もう洋服は脱がない」と、セクシーな動画撮影を拒絶する意思を表明した。

💜I had received a call for the possibility of filming a sexy video of me to be posted and shared in social media. Even though I have done many of this type, something had changed in me, when a friend approached me to share that she was unhappy with her body, then it made me think…. that everyday in my life, I wake up thinking, how do I look? Was I going to be accepted in my job? And in that moment I realized that majority of woman probably wake up every morning trying to fit in a stereotype that society/socialmedia/fashion etc imposed…. i thought that’s not a way of living and beyond that…. that’s not physically and mentally healthy, so I decided to make that change….. I will not take of my clothes anymore for a empty cause…..💜✨ #Embraceyouself #natureisbeautiful #naturalissexy #LOVEYOU 💜✨

A post shared by Adriana Lima (@adrianalima) on

アドリアナ・リマ、「ヴィクトリアズ・シークレット」モデルを卒業!? エンジェルたちをアンフォロー&「もう洋服は脱がない」と宣言

2017.12.12

そのため下着ブランドである「ヴィクトリアズ・シークレット」との縁もこれまでかとされたものの、Peopleはこれを否定。アドリアナ・リマ本人が、代理人を通じ、セクシー動画の撮影の拒絶は事実であると認める一方で、「VSを含むすべての契約ブランドと仕事ができることを、ありがたく感じている」との声明をPeopleに寄せている。

アドリアナ・リマは、1999年から「ヴィクトリアズ・シークレット」が毎年開催するファッションショーへ出演。先月にも、中国・上海で18回目のショーに出演した。いまや彼女はブランドが誇る広告塔である「エンジェルズ」の代表格とされ、ベテランとして、新人モデルにとってはメンター的な存在でもある。

先月、アドリアナは同じくPeopleのインタビューに対して、「(VSファッションショーへの)20回目の出演までプランのうちよ。もう2年、もしかしたらもっとかも。わからないけどね」との展望を明かしていた。「自然なことよ。私はワークアウトをするし、健康的なの。だからカラダがどうなるのか、見守っていきたい。でも楽しんでいるわ。だから20回目も、ってね」