マーサ・ハントが、驚きのカラダ作りを暴露! 「ショーの前は、むしろしっかり食べるの」


「ヴィクトリアズ・シークレット」のエンジェル、マーサ・ハント(27)が、カラダ作りについて告白。年に一度、VSのファッションショー前の食事について教えてくれた。

大舞台の前ならば、当然、ハイカロリーな食べ物なんてもってのほか? しかしマーサ流のボディメイクは、まったく異なる方法から成り立つという。The New Potatoのインタビューで答えている。

「むしろいつもより食べるの。ワークアウトでたくさんのカロリーを燃やすから」

マーサいわく、「毎食、たんぱく質はしっかりと摂取する」のがカギだとか。そんな彼女の1日の食事は、「朝食にギリシャヨーグルトと、卵をいくつか。ランチはお寿司。夕食に、サーモンかチキンか、お肉と野菜を、ヘルシーな炭水化物と合わせて」摂るのだという。また、マーサは間食をやめることもしないそうで、「ピーナツバターかアーモンドバターをつまむことが多いわね」とのこと。

ちなみに「VSのショーの前は、普段より爪や髪が早く伸びることに気が付いた」そうで、マーサはこの理由を「普段よりたくさんたんぱく質を録って、より健康的な食事をしているからかも」と分析。もちろん、これらの食事はハードなワークアウトがあるからこそ。ある年の準備期間には「週に5日のワークアウトを3週間」続けたことも明らかにしている。

そんな彼女は、「体型があなたの価値に影響を与えることはない。すべての女性の身体は美しく、個性的。カラダより心の方がパワフル」と、世の女性へ向けたメッセージを送っている。

「一食=枝豆20粒」の超スリムモデルが、プラスサイズモデルになったワケ! 厳しいモデル業界の裏側と、自己愛の大切さとは

2017.04.12







あなたにオススメ