「ヴィクトリアズ・シークレット」毎年恒例のファッションショーがピンチ? キーワードは“ビザ問題”


開催を目前に控えた「ヴィクトリアズ・シークレット」のファッションショーに危機。ブランドが抱える問題とは?

いよいよ11月20日に開催予定の恒例イベント。今年は初めて中国・上海が会場となる。ところが開催ギリギロとなって、いくつかの問題が浮上しているという。

InsideEditionによれば、ショーに出演予定だったモデルのうち、4名が急きょ、出演中止に。イリーナ・シャリポワ、ケイト・グリゴリエヴァ、ジュリア・ベリャコワ、ダーシャ・クリスタンらの名前を報じた。

彼女たちの問題は、一般のインスタグラムユーザーがクリスタン本人との「あなたがショーに出ないって本当?」「事実よ」というやり取りを公開したため明らかに。4人ともにビザの問題で中国に入国できなかったことが原因で、彼女たち全員がロシア国籍だという。

このビザ問題は、モデルたちだけのものではない。PageSixによると、来場予定だったファッションブロガーたちも、同じく入国が不可に。加えてテレビ撮影クルーも、会場外の撮影をめぐって、現地の官僚と相当やり合っているという。もやはその様は「悪夢」だとか。

果たしてショーは予定通りに開催・放送されるのか。注意して見守りたい。