モデルの“無修正写真”を採用したファッションブランドが、大絶賛! 肉割れ、無駄毛、ほくろも見せる信念とは?


モデルの写真を修整加工せずに掲載したファッションブランドが、称賛されている。

イギリスを拠点にしたファッションブランド「Missguided」が、昨年末に公開した製品広告が絶賛されている。モデルの後ろ姿を写したカットにおいて、同社は“肉割れ(ストレッチマークとも)”を、画像加工や、化粧で隠すことをせず、ありのまま採用したからだ。

肉割れは、長らくファッション業界においては「目に見えない」存在とされてきた。Cosmopolitanは、従来の水着やボディスーツを着たモデルたちの肌は、「すべすべで日に焼けた」ものだったと定義し、それはつまり“エアブラシで加工された”ものだったとしている。しかし「Missguided」の新広告において、モデルたちはナチュラルでバリエーション豊かなそれぞれの肌をさらしている。

このほかにも「Missguided」は自社の広告に、体毛、ほくろが写され、バストにも手を加えない、自然なモデルたちの写真を採用している。同社のこの姿勢は、世間にも快く受け入れられているようで、その声を同メディアが紹介している。

「偽りのない、修正されていない女性モデルの写真を目にできて、気持ちが生き返った。Missguidedはいい仕事をしたね! あなたたちが発するメッセージを、誇りに思います」

「Missguidedはモデルたちの肉割れやセルライトを、そのまま見せてくれた」

「このモデルの肉割れを修正しなかったMissguidedのことを、愛しく思う」

「これって肉割れ? イエス、Missguided、あなたたちのしていることは正しい。ナチュラルであることこそ、美しい」

Missguidedは、「ブランドとして、若い女性をサポートする責任があると強く感じた」と、今回の“ミッション”における信念を説明している。

「ブランドとして、私たちには若い女性たちをサポートし、自信が持てるようインスパイアする社会的な責任があると、強く感じています。つまり、オーディエンスに対し、あなた自身のままで大丈夫、欠点を受け入れよう、個性を祝福しよう、世界が定義する“完璧”にしばられないで、と伝えることこそ、私たちのミッションです。だってそんな完璧の定義は、おおよそ存在しないのですから」

「正真正銘の“本物”をお見せすることで、私たちは自分自身でいることこそ素晴らしいと示したい。あなたが持っているものは、あなたが与えられたもの。毎日、そのことを噛みしめて」