キャットアイの次は、“サムプリント”アイライン!? セレーナ・ゴメス、レディー・ガガから学ぶ秋メイク


@hungvanngo / Instagram

 

長らく続いた“キャットアイ”ブームの次は、“サムプリント”が来る? 新しいアイメイクをご紹介。

サム(thumb)とは英語で親指のこと。サムプリントは直訳すると、“親指の指紋”“拇印”といった意味になる。新しいタイプのメイクにこの名前を付けたREFINERY29によれば、親指でグッと塗ったようなアイメイクをそう呼ぶのだとか。

同メディアによると、キャットアイとは異なり、リキッドアイライナーはこのメイクに不要。ちょっといびつ、左右非対称なくらいでいいのだとか。朝のメイクがより簡単に、短い時間で出来るようになりそう?

メイクアップアーティスト フン・ヴァンゴが手掛けたセレーナ・ゴメス(25)の動画。上まぶたの目じりにグッと入っているダークなシャドウこそ、まさに「サムプリントライン」だ。

@selenagomez x @coach 👗 @kateyoung 💅🏻 @tombachik 💇 @daniellepriano 💄 @hungvanngo

Hung Vanngoさん(@hungvanngo)がシェアした投稿 –

 

こちらは今年2月、グラミー賞授賞式に出席した際のレディー・ガガ(31)。定番のアイラインに加え、キラキラとしたピンクのラインがガッツリ加えられている。

正面から見ると… / この角度からだと、構造がよくわかる

 

最新の画像から。New York Fashion Weekにて、ジェイソン・ウーのショーに登場したベラ・ハディッド(20)。急きょ取り入れたメイクだというが、シンプルに決まっている。