セレブにとって“友達”とは・・・? ジャスティン・ビーバーやセレーナ・ゴメスに学ぶ、友情についての名言まとめ

どんなに多忙なセレブでも、友達というのは大切な存在のようだ。ジャスティン・ビーバーやセレーナ・ゴメス、ゼンデイヤなど、彼らがシェアした友情についての名言をご紹介。

エマ・ワトソン

2人のわたしの親友には中学で出会ったの。彼女たちにすべてを説明する必要はないわ。すべてに謝る必要もない。彼女たちはわかってくれているから

オプラ・ウィンフリー

たくさんの人があなたと一緒にリムジンに乗りたがるの。だけど、あなたに必要なのはリムジンが動かないときに、一緒にバスに乗ってくれる人よ

セレーナ・ゴメス

信頼できる人が人生の中に3人いるのなら、世界で1番ラッキーな人間だって思える

ジェニファー・ローレンス

どんなに疲れていても、週に一度は友達と夕食をとるようにしている。それかお泊りね。そうしないとわたしの人生はただの仕事だけになってしまうから

ルーシー・ヘイル

仲良しグループとかは信じていないの。みんながみんな友達になれると思うわ

ゼンデイヤ

良い友情の秘訣っていうのは、その人物と一緒にいるときに楽しい思い出を作ることだと思う

ベラ・ソーン

一緒に大人になってきた友達がたくさんいるわ。ほとんどが3歳とか4歳とかから知り合いなのよ

アリアナ・グランデ

真の友達を持つことの素敵なところは、何か月も会わなくたって、いつでも味方でいてくれて、まるでいなくなってないみたいに(ずっと一緒にいたように)接してくれるところよ

ジャスティン・ビーバー

辛い1日を(良い1日に)変えてくれるのに最適な存在なのが、友達だよ

テイラー・スウィフト

大人になっていくほどに、友達っていうのは数ではなくて、本物かどうかが大事だって気づくものよ