LEDまつげ、まゆウィッグに、グリッターそばかす… もしかしたら流行るかも!? 次世代メイクをご紹介[動画・写真]


YouTubeより

いまはギョッとするだけでも、いつかはこんなメイクが流行る日が来るのかも……? そんな次世代メイクの数々を、COSMOPOLITANが紹介している。

LEDまつげ

マスカラ、つけまつげ、まつげエクステ……いつの世も存在した、まつげメイクへの“こだわり”が、ついにここまで進化した! マスカラやエクステを用いた、カラーまつげすらもう古い? ティエン・ファムというデザイナーは、色が変えられるLEDのまつげを「Make」誌主催のイベント「Maker Faire」に出品した。

一見、まつげへの負担が大きそうだが、同メディアによれば、一般的なグルーで接着可能な上に、バッテリーはクリップを用いて頭部に装着、見えにくいワイヤーによって電力が供給され光るという、意外にシンプル仕組みだとか。ちなみに光り方も一定ではなく、「ダンスモード」や、「スパークルモード」など、複数あることが紹介されている。

【動画】次に流行るか!? LEDまつげ

残念なことに、現在のところ、この「F.Lashes」は販売段階にはない。開発者であるティエンらの主導により、クラウドファンディングにて寄付を募り、キャンペーンが成功すれば、実用化への道が拓くそう。興味がある方は要チェック!

 

まゆウィッグ

若気の至りで眉毛を抜きすぎ、いまじゃスカスカ、メイクなしじゃ出歩けない……そんなあなたに朗報! Brow wigsこと、まゆウィッグをご紹介。セレブ御用達のメイクアップアーティスト フン・ヴァンゴのインスタグラムで公開されている動画を、まずはご覧あれ。

LEDまつげとは異なり、こちらこちらのメーカーでは、すでに実用化されている“まゆウィッグ”。この商品の何よりありがたいところは、時短の一言に尽きるだろう。それだけでなく、「がん治療をはじめとした病気のため、毛髪を失った人々にとっては、大いに意味がある」と、COSMOPOLITANは述べている。

 

グリッターそばかす

最後にご紹介するのは、“グリッターそばかす”。わざとそばかすを書いて、健康的な魅力を“自然に”演出? いえいえ、メイクは輝いてこそ! 一部のインスタグラマーは、グリッターでそばかすを描くという、新しい次元へもう踏み出している。

非常に簡単なこのメイク、キラキラのグリッターを、頬骨や鼻に好きなようにつけるだけ。これから始まるフェスシーズン、周りと差をつけるには、まさにうってつけ! 自分らしく、メイクで遊んでみて。

グッチのネイルが、別次元に突入! “ディップインク”ネイルは、次の流行になり得るか?[写真]

2017.06.06