全米がとろけた! ぽっちゃり奥さんに対する、夫からのラブレターが話題に! 「きみ以上にセクシーな女性はこの世にいないよ」


@tripp / Instagram

 

夫から妻へ、愛にあふれるメッセージに全米が感動。ぽっちゃり体型の奥さんサラへ、夫ロビーがインスタグラムを通じて贈った「きみが誰よりセクシー」のメッセージが話題だ。

「この女性のことも、彼女のカーヴィなボディも愛している」と、文頭でハッキリ述べたロビーさん。彼は太め体型の女性が好みとのことで、「10代のころは、しばしば友人にからかわれることもあった」という。

しかし彼は、「小柄で、よりカーヴィな女性たち」を、「chubby」や「fat」といった、いわば日本語では「デブ」という意味を持つ単語で呼ぶことに苦言を呈している。「大人になり、フェミニズムを学んで、メディアが限られた“美意識”のスタンダード(痩せていて、背が高く、スタイルがいい)を用いて、いかに女性をしばりつけているかがわかった」「どれだけの男性が、このウソにのっとられているか気が付いた」という。

「ぼくにとって、ここにいるこの女性より、セクシーな女性なんていないよ」と、ロビーさんは断言。サラさんの体型やサイズは、「雑誌のカバーを飾るようなものではないだろうけど、ぼくの人生と心では、いつもトップだ」と称えている。

「カーヴィで自分に自信がある女性ほど、セクシーなものはない。ぼくが結婚した、ジーンズをピチピチには着こなすこの女性は、世界中の誰よりも美しいんだ」

|| Headlines. || #TeamTripp

ROBBIE TRIPP™さん(@tripp)がシェアした投稿 –

ロビーさんは世の男性に対して、「社会がきみに望むべきだと言い聞かせていたことについて、考え直してみろよ」と呼びかけている。

「実際の女性は、ポルノスターでも、ビキニを着たマネキンでも、映画のキャラクターでもない。妻は現実の存在だ。お尻には美しい肉割れも、えくぼもある」

また、ロビーさんは女性たちへも、「“愛されるためには、こんな体型じゃなくちゃいけない”なんて、馬鹿げたことを考えないで」とも呼びかけ。「あなたのあるがままを、祝福してくれる男性がどこかにいる。ぼくがサラを愛するように、あなたを愛する誰かがいるよ」と締めくくった。

ロビーさんのこの投稿は、大きな反響を得て、アメリカではニュース番組にも取り上げられた。彼自身、「世界中の男性が、自分の恋人や妻をタグ付けして、どれだけ彼女のカーヴィボディを愛しているかを語るのを見たよ」と、自身の投稿が広げた余波を楽しんでいるようだ。

|| WOW. That’s the only word in the English language fitting for what’s happened the last few days. After my last post about Sarah went viral here on Instagram and then on Facebook, it’s now been picked up by @todayshow, @enews, @popsugar, and others. It’s been incredible to see the reaction from my simple post celebrating my wife and her body. So much positivity and love have come from it. Seeing men from around the world tagging their girlfriend/wife and telling her how much they love her curvy body has been amazing. Thanks to each and every person who has commented and messaged us with your thoughtful words. It means the absolute world to us! Be sure to watch my IG Stories to experience this excitement with us! ||

ROBBIE TRIPP™さん(@tripp)がシェアした投稿 –







あなたにオススメ