「ミス・アメリカ」コンテストから、水着審査が消える! 中年男性から猛反発も、「外見ではなく中身を問うミスコン」へ変革

かつてミス・コンテストにつきものだった水着審査が、消えようとしている。アメリカいちの美女を決める「ミス・アメリカ」が、水着審査の取りやめを発表した。

1989年のタイトルホルダーであり、現在は主催組織代表であるグレッチェン・カールソンは、6月5日、「Good Morning America」へ出演。来年度大会から、水着および、イブニングガウンでの審査を排除すると発表。すなわち、外見をもとにした審査は行わない新方針を明らかにした。

カールソンいわく、ミス・アメリカは「もはや美女コンテストではなく、競技です」。今後の大会においては、水着の代わりに対話での審査を行い、出場者たちの知性や熱意、“ミス・アメリカ”の活動への認識を図るとのこと。そしてイブニングガウンに限定せず、出場者それぞれが快適な衣装で、自分自身、そして“ミス・アメリカ”の肩書を得たあとの展望を表現してほしいと、話している。

「“大会に参加したいけれど、ハイヒールと水着で人前に出たくない”という若い女性の意見を多々耳にしました。ではやらなくていいようにしましょう。世界中の観衆の前で、自分らしさを表現することで、励まされ、リーダーシップを学び、奨学金を得ることができる。誰がやりたくないというの? こうした基準で、私たちは審査を下すことにしました」

ミス・アメリカが、新たな使命として掲げるのは、「世界に貢献する素晴らしい女性の育成および、素晴らしい女性のための世界の育成」だ。そのため「若い女性にこそ、ミス・アメリカを観てほしい」と彼らは訴えている。

しかし米TVGuideによれば、保守的な中年男性を中心に、今回の措置を苦々しく思う層は少なからず存在するようだ。新しい審査法が採用された2019年度のミス・アメリカは、現地時間9月9日に全米放送される予定だ。

【ミス・アメリカ2018】

ミス・ユニバースにて、優勝を逃したジャマイカ代表に世界中から絶賛の声! アフロヘア―が称えられる事情

2018.01.16

「ミス・ペルー」コンテストにて、美女たちがある“サイズ”をそろって暴露! 「この国では、これだけの数の女性がひどい目に遭っているのです」

2017.11.01

「ミス・アメリカ」の座を逃しながらも、ミス・テキサスが「今日の勝者」と称えられた理由! 美と知性に全米が感服

2017.09.12