ジェニファー・ローレンスが、「ハーバード卒業生って好きじゃない」とぶっちゃけ! 「高学歴アピールがウザイ」とバッサリ


@voguemagazine / Instagram

 

ジェニファー・ローレンス(26)が、昨年から交際している恋人ダーレン・アロノフスキー(48)との関係について告白。とある有名大への暴言(?)と合わせて話題だ。

「Vogue」のカバーに登場したジェニファーは、主演映画「Mother!(原題)」の撮影を通じて付き合うようになった、映画監督ダーレン・アロノフスキーとの関係を、「エネルギーにあふれているの」と説明。「私の中には、彼に対するエネルギーがある。彼の方はわからないけれどね」と話した。

これまでに、映画「ブラックスワン」(2010)や「ノア 約束の舟」(2014)といった作品を手がけてきたダーレン・アロノフスキーは、名門ハーバード大学の卒業生という、いわば“高学歴”のエリートだ。

ジェニファーは同じインタビューの中で、「私、普段はハーバードの人って好きじゃないのよね」とぶっちゃけ。「だってあの人たち、2分に1回は“ハーバード大学に通っていてね…”ってアピールせずにはいられないんだもの」と、切って捨てている。

ちなみにジェニファーいわく、「彼はそんなことないんだけどね」とのこと。もしかすると、そこがジェニファー・ローレンスと彼の関係が、うまくいっている秘訣なのかも?

For Vogue’s 125th anniversary September issue, one seriously momentous cover was required. #AnnieLeibovitz, @Bruce_Weber, @InezandVinoodh, and painter John Currin were all enlisted to present their own unique vision of the month’s cover star, #JenniferLawrence. During the shoot, filmmaker Mitch Springer followed the famously candid actress and upcoming star of @mothermovie as she braved both dinghies and daring dresses, and opened up, among other things, about how she used to “emotionally whisper” to horses. Tap the link in our bio to watch the full video. #Vogue125 Director @ryland_mcintyre Producer @tommyschell Writers @ryland_mcintyre, @tommyschell, @vincentpeone Director of Photography @zachstoltzfus B-cam J.T. Springer Gaffer @corybeisser Sound @macksmellman, Brian Flood Production Assistant Adrienne Gonzales Editor @sainthereford Post-Production Mixer Drew Joy Featuring @chelseafrei as Selfie Makeup Artist @aaronkheifets as Farm Stylist @ryland_mcintyre as Mitch Springer

Vogueさん(@voguemagazine)がシェアした投稿 –