トロフィーを片手にスター気分!?MTVのエキシビジョン、MTV THE PARTY@池袋PARCO【動画あり】

Hi! How are you doing? みなさんこんにちは!Lindsay/リンジーです。

今回は、池袋パルコのPARCO MUSEUMにて1月19日から2月5日まで開催されている「MTV THE PARTYを記事にしました。世界中に音楽ファンの視聴者を持つMTVの歴史やイベントの内容を、早速レポートします!

音楽が「聴くもの」から「観るもの」へ!音楽専門番組MTVの歴史

24時間ミュージックビデオを楽しめる番組として始まった「Music Television=MTV」は、1981年にアメリカで誕生。今や世界160カ国以上で5億世帯を超える視聴者の方に愛されている、世界最大級の音楽&エンターテインメント専門チャンネルです。

MTVはミュージックビデオを単なる宣伝ツールから革新的な映像作品へと変え、 数々の才能豊かなアーティストやクリエイターとともに新たな音楽シーンを創り上げてきました。誕生から30年以上たった今でも、斬新なコンテンツでファンや若者を魅了し続けています。

国内外で開催されたライブや音楽フェスティバルの独占収録映像、トップアーティストが赤裸々に自身を語るインタビューやドキュメンタリーやオリジナルドラマ、アニメなど、番組の内容は様々。

私は鮎貝健さんがVJを務める「洋楽エクスプレス」という番組が大好きで、全米ヒットチャートや年代別のヒットソングなど、最新の洋楽ニュースをチェックするのにもってこいなコンテンツが豊富です。

池袋パルコで「MTV THE PARTY」が開催!

1月19日(金)から2月5日(月)の期間限定で、池袋パルコ 本館7階「PARCO MUSEUM」にてMTVのヒストリーとクリエイティビティを体感できる初のエキシビション「MTV THE PARTY」を開催されました。

常に時代をリードしてきたMTVの世界規模のアワードショーや、伝説のステージを多く産み出したアコースティックライブMTV Unplugged(アンプラグド)、さらに最新のリアリティショー等の貴重な映像に加え、ここでしか見ることの出来ないMTVにまつわる展示物を一同に集めたエキシビジョンとなっています。

期間中は「MTV THE PARTY」限定ショップも併設し、定番のグッズからここでしか手に入らないものまで発売しています。入場料はなんと無料!会場にはどんなブースがあるのか、早速ご紹介したいと思います。

MTVが誇る音楽の祭典【VMAs】の世界観を体験!

1984年の初開催以来、MTVが総力を挙げて開催する一大イベント「MTV Video Music Awards」は、年間の最も優れたミュージックビデオやアーティストを表彰する、アメリカで絶大な権威を築いている音楽授賞式。

グラミー賞と並ぶ栄誉を誇るとも言われるこのアワードは、過去にマドンナ、マイケル・ジャクソン、エミネム、ブリトニー・スピアーズ、ビヨンセ、カニエ・ウェストなど、時代の象徴ともいえるアーティストが出演し、パフォーマンスやスピーチを披露してきました。

ケイティ・ペリーがホストを務めた2017年のVMAsでの素晴らしいステージは記憶に新しいはず。個人的に印象に残っているのは、ケンドリック・ラマーのDNA.とHumbleのメドレー。ダンサーが炎に包まれた壁を登る圧巻のステージは観客を最高に盛り上げました。

MTV VMAsでは毎年、このような歴史に残る大規模なアワードショーが開催されています。

MTV THE PARTYの会場には、アワードのトロフィーも展示されています。こちらは、1994年よりヨーロッパの各国を舞台に開催されているEMAのトロフィーの実物。

レッドカーペットと撮影ブースも用意されているので、記念に日本で開催されているVMAJ「RIKISHIMAN」というお相撲さんの形をしたトロフィーを持って撮影しました。想像以上に重くてびっくりしました!

この撮影ブースの近くでは、MTV VMAsのハイライト映像を観ることができます。テイラー・スウィフトの受賞スピーチ中にあの大物ラッパーが泥酔して乱入した事件などの伝説のシーンをスクリーンで鑑賞できます。撮影禁止なので、是非会場でお楽しみ下さい。

MTVが誇る毒舌アニメ!「ビーバス&バッドヘッド」

MTVには様々なジャンルの番組がありますが、その中でも特に個性的なのが「ビーバス&バッドヘッド」というアニメ。アメリカの架空の都市ハイランドを舞台にした、ビーバス&バッドヘッドという二人の悪ガキコンビによるおバカなコメディは、その過激さから根強いファンを獲得しています。

ビーバスとバットヘッドが部屋でソファに座りながらミュージック・ビデオを独断で褒めたり、気に入らないものがあるとはっきり面白くないと一蹴する毒舌スタイルが特徴。二人の性格や笑い方の不気味さが癖になるアニメです。

放送当時は、あまりにも斬新な内容なため、世間から人気と非難を博していたそうです。アニメに出てくるビーバスとバッドヘッドの部屋のフィギュアが展示されていました。

時代を牽引したヒップホップ番組「YO! MTV RAPs」

1988年9月、ヒップホップの専門番組「Yo! MTV Raps」の放送が開始。ヒップホップのカリスマ的存在であるファブ・5・フレディが司会を務めたこの番組は、ヒップホップのミュージックビデオがテレビで放送されることがほとんど無かったこの時代に、立て続けに高視聴率を記録。1989年2月には毎日放送されるようになるほどの人気番組へと成長しました。そんな革新的な番組のブースがこちらです。

「Yo! MTV Raps」では、MTVが送る人気の口パク番組「リップ・シンク・バトル」のホストを務めているLL Cool Jを始め、MCハマーやヴァニラ・アイス、パブリック・エネミーなど、今では大御所的存在のラッパー達が多く出演していました。

オリジナルグッズであるトレーディングカードが壁一面に展示されていて、その数なんと100枚!当時の番組の人気が伺えました。

タトゥーのデザインに拒否権ナシ!「Just Tattoo of Us」

MTVが誇るリアリティドラマ、「Just Tattoo of Us 〜入れてびっくり! 私のタトゥーはあなた次第〜」のブースを発見。この番組では、恋人や親友などがスタジオに登場し、デザインしたタトゥーを相手にプレゼントするというもの。そのデザインに拒否権はナシ(!)で、しかも完成するまで本人は見ることができないという、お互いの信頼度を確かめる新感覚のリアリティ番組です。

いくら信頼している人とはいえ、一生消えないタトゥーのデザインを任せるのは困難なことですし、絶対に断れないなんて…と思いますが、そんな無茶なところがこの番組の一番の魅力。初めて自分のタトゥーを確認する時の驚く様子は病みつきになる面白さです!MTV THE PARTYでは、番組にちなんだシールタトゥーを楽しめるミニイベントも開催していました。

日本限定商品も揃う!充実のグッズコーナー

最後のブースはグッズ売り場。MTVらしいカラフルな色を使ったTシャツや、「x-girl」「x-Large」などのブランドのコラボアイテムなど、豊富な品揃え。夏のフェスにぴったりのロゴ入りタンクトップやキャップもずらりと並んでいました。動画でも紹介しているので是非ご覧ください。

こちらは日本でしか手に入らない、MTVの寿司Tシャツ。外国人ウケがとっても良さそうです。

一見飾りのように見えますが、「受注商品」と大きく書かれたMTVのネオン管も発見。これがあれば一気に家がアメリカンになりますね!

イベントの様子を動画でチェック!

今回もイベントの様子を動画でレポートしています。会場にはフォトジェニックな場所が沢山あるので、是非トロフィーを片手に写真を撮ってスター気分を味わってみて下さい!

次回の記事もお楽しみに!See you soon!

【イベント概要】

タイトル:「MTV THE PARTY」

会期:2018年1月19日(金)~2018年2月5日(月)

10:00~21:00 ※入場は閉場の30分前まで ※最終日は18時閉場

会場:PARCO MUSEUM 池袋パルコ 本館7F

入場料:無料

HP:http://www.parco-art.com

主催:パルコ 企画制作:サンボード 協力:バイアコム・ネットワークス・ジャパン


Lindsay プロフィール:
Lindsay1992年京都府生まれ。幼い頃から祖父の影響でブラックミュージックを聴き始めた事がキッカケで、海外エンターテインメントの世界にどっぷりハマっています。大学在学中は大阪を拠点にDJ活動もしていました。イベントやパーティーなど華やかな場所が大好き!現在はニューヨークやロサンゼルスなど海外生活で培った幅広い知識を活かし、ライターとして各メディアで活動しています。

〈Instagram〉http://instagram.com/lindsay6126
〈Blog〉https://lineblog.me/lindsay/
〈Twitter〉http://twitter.com/lindsayuka