テイラー・スウィフトがSNSに投稿したレインボーのドレスが「ドラッグクイーンみたい」などと批判を受ける[写真あり]


11月10日に新アルバム「レピュテーション」をリリースし、すさまじい勢いで売上枚数を伸ばしているテイラー・スウィフト。彼女がアルバム発売当日に投稿したドレスが議論を呼んでいる。

TeenVogueによると、テイラー・スウィフトがインスタグラムに投稿したレインボーのスパンコールドレスは、ファッションブランド「アシシュ」のもの。テイラーは2015年にも同じブランドのスパンコールドレスを着てVMA授賞式に出席するなど、このスタイルはテイラーの定番ともいえる。

しかし今回投稿されたレインボースパンコールドレスはあまりファンにウケがよくなかったようで、「ドラッグクイーン(男性が女性のかっこうをすること)のオーディション番組で負けた人が着る服」などと、揶揄するコメントが相次いだ。

また、レインボーはLGBTQの人々の象徴カラーでもあるため、「テイラーはこのドレスでLGBTQへの支持を表現しているのでは?」と解釈するファンも。しかしこのコメントがさらに議論を呼び「テイラーが変なドレスを着たからって、次のゲイアイコンに仕立て上げないで。考えてみてよ、テイラーがいつLGBTQについて言及した?」と反論の声も。

もはやテイラーがすることはなんでも波紋を呼ぶようになってしまったのか。

テイラーが投稿したドレス
「レピュテーション発売開始。ゲームを始めましょう」

#reputation is out. Let the games begin.

A post shared by Taylor Swift (@taylorswift) on