クリス・ブラウンの新アルバム、カバーを飾ったのはアリアナ・グランデ!? 謎の抜擢に、アリアナファンから大ブーイング


@chrisbrownofficial / Instagram

歌手クリス・ブラウン(28)が、最新アルバム「ハートブレイク・オン・ア・フル・ムーン」のクリスマスバージョンを発表。カバーに抜擢されたのは、アリアナ・グランデ(24)。ところがファンはすっかりご立腹だ。

「12 Days of Christmas: Cuffing Season(原題)」と題されたクリス・ブラウン最新アルバムのジャケットは、ダークな雰囲気のクリスマスを描いたアニメ風の1枚。中央に描かれたセクシーなサンタコスチューム姿の女の子が、アリアナ・グランデにそっくりと話題だ。

Heartbreak On A Full Moon Deluxe Edition: Cuffing Season - 12 Days Of Christmas [Explicit]

【比較】

なお、ふたりには2014年に、コラボ楽曲「Don’t Be Gone Too Long」をレコーディングしていた過去があるものの、ここのところ、共通の話題は特にナシ。CapitalXTRAによれば、「クリスはちゃんとアリアナに許可を取ったのか」とファンがいぶかるほどだ。

加えてクリス・ブラウンの過去の言動から、アリアナ・グランデのファンとしては、ふたりの“からみ”を前向きにはとらえられない様子。クリスのファンが「アリアナだと明確に示したわけじゃない」と弁護する一方で、怒りを露わにしている。

「オーケー、クリス・ブラウンがアリアナのカバーにするなんてジョーク、めちゃくちゃキモいしだいたい許可も取ってないでしょ(絶対そうだと思う)こんなの全然よくないし、もうクリスはアリアナのことを放っておいてよ」

「まず、誰がクリス・ブラウンに、アリアナの画像を彼のアルバムカバーに使う許可を出したのか、それを知りたいんだけど」

「ねぇ、クッソウケるんだけど何が起きてるの」

「(ふたつの画像を並べて)完全に一致。髪、手、服、顔の輪郭、ブレスレット、ポーズ。これでもまだ不服?」

「インタビューでは、性差別について訴えたり、女性の権利のため立ち上がったり、ダブルスタンダードについて発言したりしてきたアリアナ・グランデが、みんな知っているあんなことやらかしたクリス・ブラウンに、自分のイメージをアルバムカバーに使う許可を出すと思っているの?」