「ヴィクトリアズ・シークレット」ファッションショー、“多様性の欠如”に厳しい声! 出演モデルの人種、体型の偏りが指摘


@theashleygraham / Instagram

「ヴィクトリアズ・シークレット」が11月20日に行ったファッションショーからは、「多様性が欠如している」として、一部から批判の声が上がっている。

先陣を切って声を上げたのは、プラスサイズモデルとして人気のアシュリー・グラハム(30)。彼女は自身をVSのランウェイに合成した写真をインスタグラムに公開し、「ウイングを得た」とジョーク。加えて「太い太ももが命を救う」というハッシュタグをつけている。

Got my wings! 🦋💐🌈😜 .. my #AdditionElle wings! #thickthighssavelives

A post shared by A S H L E Y G R A H A M (@theashleygraham) on

彼女のファンや、世間の一部はこれに同調。「ヴィクトリアズ・シークレット」のファッションショーに出演するモデルは、白人、スリムな体型ばかりだと、「多様性の欠如」を批判している。彼らの声を、New York Postが紹介している。

「VSは、いまだに有色人種の伝統的な装飾を性的に搾取し続けている。たとえ彼女たちがショーの常連でも。実際に売っている下着はまったく普通の商品なんだから、まるで無用の長物だよ。まったくもって白人らしい」

「(中国人モデル)ミン・シーはVSのランウェイで転んだことで、このショーにアジア系も出演しているんだって注目を集めたかもしれないね(とはいえ集合写真からアジア系を見つけるのは大変だけれど)」

「今年のVSのショーにはガッカリしたよ。モデルたちは過去数年に比べても痩せっぽち。今日の世界は、もっと多様性を愛していることを考え直して」

「ヴィクトリアズ・シークレット」ファッションショーに出演する、アジア系モデルをご紹介! 中国開催で昨年の倍に

2017.11.20