VSエンジェル エルザ・ホスクってどんな女の子? 元バスケ選手だった、彼女の意外なコンプレックスって?


「ヴィクトリアズ・シークレット」エンジェル エルザ・ホスク。デヴィッド・ゲッタ×ジャスティン・ビーバーの新曲「2U」のプロモーション出演でも話題の、スウェーデン出身、現在28歳の彼女ってどんな女の子?

エルザは14歳にして、お父さんがエージェントに写真を送ったことをきっかけに、プロのモデルデビュー。高校時代は学業と両立させつつ、モデルとしての活動を行っていた。「Guess」に起用されるなど、輝かしいキャリアを築きつつも、卒業後はプロのバスケットボール選手への道へ。2年間、地元スウェーデンでプレイしたあと、モデル業に専念するためニューヨークへ移住したという。

いまでは「ヴィクトリアズ・シークレット」をはじめ、「Dior」「ドルチェ&ガッバーナ」など、数々の人気ブランドにモデルとして起用されているエルザ・ホスクだが、高校時代は自分の身体にコンプレックスを抱えていたそう。MailOnlineのインタビューで話している。

「自分のお尻が嫌だったの。なんていうか、憎いくらいだった。学校じゃ、いつも(お尻を)隠していたわ。大きすぎると思っていたのよね。(だから)セーターで隠さなくちゃって」

この当時について、「最悪よね」と振り返ったエルザ。自信を称えてランウェイを歩く現在の彼女の姿からは、なかなか考えられない?