縁起でもない予測が早くも公開! ヘンリー王子&メーガン・マークルが、“もし”離婚した場合の財産分与の行方は?


婚約発表したて、結婚式を来年に控えたハッピーな現状に、水を差すような報道が。英ヘンリー王子(33)と、元女優メーガン・マークル(36)が、離婚した場合、財産の行方は?

いまはすっかり婚約者メーガン・マークルに夢中といった様子のヘンリー王子だが、もしもこれからの将来、父チャールズ皇太子と母ダイアナ妃のように、破局を選ぶことになったとすれば……? 縁起がわるい試算を、米TMZが伝えている。

  • ヘンリー王子の現在の資産: 4千万ドル
  • 父チャールズ皇太子の個人資産(年額約2700万ドル)より、兄ウィリアム王子、その妻キャサリン妃、そしてヘンリー王子が受け取る収入: 440万ドル(2016年の時点で)
  • メーガン・マークルの資産: 500万ドル

国際離婚弁護士ジェレミー・D・モーリーによれば、イギリスにおいて婚前契約は法的に確立しておらず、必ずしもその通り履行されるものではないとのこと。そのため結婚期間に築いた財産だけでなく、婚前の財産も合わせて分与の協議にかけられる可能性があるという。資産の差を考えれば、不公平な結果になることもあり得るとか。

なお、チャールズ皇太子とウィリアム王子は、どちらも婚前契約を結んでいない。故ダイアナ妃がチャールズ皇太子との離婚で受け取った額は、2300万ドルだという話も。どうあれヘンリー王子とメーガンが、幸せな結婚生活を送ることを願うばかりだ。