テイラー・スウィフトが残した「愛」に関する名言をご紹介


大人気歌手のテイラー・スウィフト。たくさんの人気ボーイズたちとのデートの様子がキャッチされながら、恋愛についての曲を次々ヒットさせ「彼女はわかっている」とティーンのカリスマ的存在になったテイラー。

そんな彼女のがいままでに発した「愛」についての名言をご紹介。

「愛があなたにどんな思いをさせようとも、あなたは信じなくちゃいけない。ラブストーリーや、王子様、ハッピーエンドを信じるの。だから、わたしは曲を書くのよ。愛はFearless(恐れのないもの)だと思うから」

「恋に墜ちるのに簡単すぎることも、早すぎることもない。誰かを愛することや信じることも。どんな恋愛も同じだと思ったことはないわ。誰かはあなたの心を動かしてくれるし、動かしてくれない人もいる」

「この世界で1番めちゃくちゃで、美しく、魔法のようでいて、最悪で、痛みもあって、素晴らしいのが愛」

「愛の完璧なところは、それが完璧じゃないってところ」

「本当に愛するということは、立ち去る勇気が必要になる。自由を願いながらね。それがどんなに辛くても」

「愛の終わり方はいつも違う。始まり方も」

「愛っていうのは、予想のできない、もやもやする、悲劇でもあるけど、美しいもの」

「信じていれば、愛があなたをみつけてくれる」

「人生について曲を書くことはとても好きなこと。特に愛については。わたしが信じる限り、愛はすべてだから」

「真実の愛は今も存在しているの。9歳のときに想像していたものじゃないかもしれないけど、信じなきゃいけないの。だからみんなも信じて」