「女性だけがハイヒールを強制されるのはおかしい!」 クリステン・スチュワート、裸足でカンヌを歩く

女優クリステン・スチュワート(28)が、裸足でカンヌ映画祭のレッドカーペットを闊歩。彼女が掲げた主張とは?

今年は出演作のPRではなく、審査員としてカンヌ映画祭に参加しているクリステン。映画「BlacKkKlansman(原題)」スクリーニング前、レッドカーペットにおけるプレス対応中に、大勢のカメラマンの目前で、彼女が靴を脱ぐ場面があった。メインの撮影が終了し、フォトグラファーが集まるプレスエリアを抜ける直前付近での出来事だったという。

「私にハイヒールを履くよう求めることはできない」

ルブタンを脱ぎ捨てる

昨年もドレスにスニーカーを合わせてニュースになったクリステン・スチュワートは、Hollywood Reporterに対して、その意図を明かしている。

「明らかに、ドレスコードって存在するでしょう? ヒールの靴なり何なりを履かないだけで、すごくキレる人たちっているの」

「誰にだって、他人に身なりを強制させることはできないと思っているの。個人の権利よ。男性に対してヒールを履いてドレスを着るよう求めないのなら、私に同じことを求める道理はないわ」

Keds&ケイト・スペードから、“ウェディングスニーカー”が登場! カジュアルな花嫁スタイルが実現可能に[写真]

2018.02.02

「ワンダーウーマン」ガル・ガドット、プレミアに“プチプラ”ぺたんこサンダルで出席した理由がまさに「ワンダー」

2017.06.14