メーガン・マークルの異母姉、回想録出版も「血縁で金もうけ」説を否定! 「マスコミが嘘で稼ぐよりマシでしょ」

異母妹メーガン・マークル(36)と、英ヘンリー王子(33)の関係発覚以来、積極的にメディアに登場、ついには回想録まで出版した姉サマンサ・グラント(53)が、「血縁を利用して金もうけしている」との批判に反論している。

サマンサ・グラントは、メーガン妃の父トーマス・マークルさんが、彼女の母親より前に結婚していた女性との間にもうけた異母姉だ。年の差、ほとんど同じ家で暮らしたことがないという経緯から、姉妹はあまり親しい間柄とはいえないようで、5月19日に行われた結婚式にも招待されず。当初は「疎遠なら家族じゃないというのか」と語気を強めていたサマンサだが、結局、アメリカ国内の自宅にて式をテレビで視聴。「とても美しかった」との感想を、ラジオ番組「Em, Grant, and Ed(原題)」にて話している。

メーガン・マークルのロイヤルウェディングに招待されなかった異母姉が怒りの激白! 「疎遠なら家族じゃないっていうの!?」

2018.04.17

メーガン・マークル、ロイヤルファミリー入り直前も素行の悪い身内にヒヤヒヤ! 「夜も眠れない」ほど頭痛のタネに

2018.04.03

番組中に、過去の発言を悔いるつもりはないかと尋ねられたサマンサは、「全部を信じちゃいけないわ」と言い訳。「感じたことをそのまま口にしてしまう」性分であると明かし、「理解できないことや、納得できないこともあった」と告白。その上で、「彼女は私の妹で、大好きな存在。妹の幸せな瞬間を見届けながら、とても誇りに思ったし、どんなに納得できないこともあれだけの幸福を目の当りにしたら、どこかへ溶けて消えるわ」と述べた。

メーガン妃が父親側の親族を、誰も招待しなかったことについては、「交通状態がカオスだったようだし、家で観ていた方が快適だった」。式直前にすっぱ抜かれた、父親トーマス・マークルがパパラッチと共謀し、わざと写真を撮らせていたという騒動も、「メディアから撮影代は受け取っていないし、インタビューは断っている」と擁護している。

サマンサ・グラント自身、「妹メーガンの名声を、金に換えている」という批判が絶えない。しかし本人はこれを否定しており、回想録を上梓したことについて「家族や友人たちが稼がなきゃ、ジャーナリストやタブロイドが、真実とは程遠い内容で稼ぐことでしょうよ」と、自己弁護を行った。

サマンサ・グラントは、いまやサセックス公爵夫人となった妹メーガンとの関係修復を望んでおり、交流の復活に向けて妹へメディアを通じて呼びかけている。

「ハネムーンが終わって落ち着いたら、電話で交流がしたいわ。父を経由すれば連絡先もわかると思う」