ピンク、グラミー主催者の「女性はステップアップすべき」発言に反論! 「ステップアップはとっくにやってる」

グラミー賞主催者の「女性はステップアップする必要がある」との発言に、歌手ピンク(38)が反論した。

現地時間1月28日、第60回グラミー賞授賞式が開催。しかし「受賞者が男性ばかり」と評され、「#GrammysSoMale(グラミーは男だらけ)」との批判が起きた。これに対してアワードを主催するナショナル・アカデミー・オブ・レコーディング・アーツ・アンド・サイエンス(ザ・レコーディング・アカデミー)の会長ニール・ポートナウは、「自分たちは女性を歓迎している」と弁明。女性たちが一歩踏み出すべきとして、「ステップアップする必要がある」との発言を行った。

第60回グラミー賞、受賞者が男性だらけだったことに主催者側の見解は? 「女性はステップアップする必要がある」

2018.01.29

このポートナウ氏の発言に対し、授賞式に参加、パフォーマンスを行ったピンクは、「音楽業界の女性が“ステップアップ”する必要などない。最初からそんなことやっている」と反論。手書きのメッセージをSNSに公開した。

「女性は今年、自分の音楽で、やってのけた。それはこれまでと同じこと。私たちが女性の才能と業績を祝福し称えれば、どれだけの女性が毎年“ステップアップ”できることか。どれだけの女性が、すべてのおかしなことに立ち向かい、毎年“ステップアップ”できることか」

「私たちは、次の世代の女性や女の子、男の子、そして男性に向けて、平等とは何を意味するのか、公平とはどういうことなのかを示す」

なお、ピンク自身もBest Pop Solo Performance部門にノミネートされていたが、受賞はかなわず。エド・シーランがグラミーを得た。

皮肉なことに、今年の授賞式では、セクハラや性的暴行に対抗し、団結を訴える「#TimesUp」運動支援の一環として、白バラを持った参加者が多く見られた。式中でも、ケシャを紹介するためステージに立ったジャネル・モネイ(32)が、直接「TimesUp(時間切れ)」という言葉を用いて、暴力の終焉、平等の実現を訴える場面があった。そのジャネルも、グラミーの“偏り”を指摘するツイートを行っている。

「2013年から2018年までのグラミー賞ノミニーの、90.7パーセントが男性。それはつまり、女性はたった9.3パーセントということ」